2007年01月27日

#17夜が明けたら,武装錬金

あらすじ

円山と毒島と犬がいねえ!来週は秋水も登場とか、構成を大きく変えてきたなー
再殺編はあのままなぞられても・・・だったので、今後の展開への期待は大きいです。

人工呼吸や手の傷の対比や、剛太の見せ場が減ったのは無念。もう少し尺をやっても・・・
パピヨン絡みの桜花のシーンとかはそのままなのにってか、腰振りに時間かけすぎだよ!

しかし動きと音の付いたモーターギアは原作より格段に格好のいい武装錬金に見えた。

http://www.busourenkin.com/

続きを読む
posted by tao at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 武装錬金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

今後は毎週パピヨンで〆

武装錬金新EDがパピヨンすぎてちょっと引いた。けどそんなスタッフが大好き。
posted by tao at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 武装錬金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

#8寄宿舎の夜,武装錬金

あらすじ

『真赤な誓い』届いたよー。2番の歌詞が1番よりこっ恥ずかしいよ、もう!

いいかげんアバンと冒頭の前回復習を無くせば、その分だけでも尺を稼げるだろうに、
今のスタイルは最後まで貫き通すのかなー。特におさらいは要らないと思うのですが。

陣内の話は原作でもそれほど面白くなかったのでアニメもそれなりだったけれど、
斗貴子さんにじゃれつくまっぴーの動きは気合い入ってるなー、と思いました。

http://www.busourenkin.com/


続きを読む
posted by tao at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 武装錬金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

#7もし君が偽善と疑うのなら,武装錬金

あらすじ

ブラボーの声が(イメージとは違ったけれど)かっこよすぎて震えた。なんだけど、
俺達(スタッフ)がんばったんだ・・・
でも、30分で原作4話は無茶なのかなぁ・・・
無茶すぎます。76頁分だよ!極限の切り貼り編集に呆れたり感心したり。

カズキの泣き顔とか、その前の数頁を飛ばすといかにも唐突だし、さすがに色々と
必要な部分まで取りこぼしている感は否めず。ブリーチやNARUTOならともかく、
1話の情報量が多い武装錬金でこれは厳しいわ。よっぽど苦労しただろうなー

http://www.busourenkin.com/

続きを読む
posted by tao at 22:28| Comment(2) | TrackBack(1) | 武装錬金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

#6黒死の蝶,武装錬金

あらすじ

へ、変態だ!カラーの変態、動く変態、喋る変態、蝶変態だーーーーー!!!
パピヨンの裸体描写と真殿光昭の演技が気合入りすぎで、30分悶えっぱなしだった。
こ、この変態が!

その通り・・・!いまや俺は完全変態を遂げた!!!
HENTAIと変態をかけてるんですよー。・・・笑いの説明まで!親切すぎるぜスタッフ!

変態祭りから決戦、そしてあの膝枕まであっという間の、すばらしい序章の終わり。
原作付きアニメの100点満点をバジリスクとして、ここまで90点くらいの満足度です。

http://www.busourenkin.com/

続きを読む
posted by tao at 22:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 武装錬金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

#5守るべき人のために,武装錬金

あらすじ

お、お願いだから鷲尾!頭のバルスカ抜いて鷲尾!画面に映るたびに吹いちゃう!

全編バトル。こころもち微妙なAパートから一転してBパートでは作画も回復、
ランスで鷲尾を殴りつけるアクションシーンの重量感が、素晴らしかったです。
(刺突用の槍で殴るっていう、なりふり構わずな姿勢がまたいいよね!)
だから!死んでもやっちゃいけないことと!
死んでもやらなきゃいけないことがあるんだ!!
福山潤、会心の熱演−−文字通り画面から熱風が吹き付けてくるような!

http://www.busourenkin.com/

続きを読む
posted by tao at 23:37| Comment(0) | TrackBack(7) | 武装錬金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

#4もう一つの新しい命,武装錬金

あらすじ

死んでしまえ!
※ジャンプヒロインです。枠が夕方でない理由の半分はとっきゅんの存在による、
と言われても否定できない(残りは変態と鬱)。声付きだと改めて酷くて最高です。

似顔絵ギャグからシリアスまで、蝶野とのファーストコンタクトはバッチリ。
蝶野の持つ冷たい知性と煮え立つような狂気、両面の要素を真殿光昭が美事に
演じきっていて痺れた。まぁ、これから加速度的にHENTAIへ傾いていくけどね!

http://www.busourenkin.com/

続きを読む
posted by tao at 07:40| Comment(0) | TrackBack(3) | 武装錬金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

#3キミは少し強くなった,武装錬金

あらすじ

深夜とはいえキー局。脳漿ブチ撒け眼球ぶっこ抜きはNG。勉強になりました。
サミング→唐竹割りだけで終わらせてあげるアニメとっきゅんは優しいなーハハハ。

一方で蛙井の死に方は原作よりグロい感じ。線引きの基準はどこなんだ?

情報量の多い序盤の原作3話分をアニメ1話に詰め込んでるので、「溜め」が足りない
印象は否めず。蛙井に挑むカズキの決死の覚悟が上滑りしている感が無くもなかった。

http://www.busourenkin.com/

続きを読む
posted by tao at 23:53| Comment(0) | TrackBack(8) | 武装錬金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

#2ホムンクルスの正体,武装錬金

あらすじ

原作の4話まで消化。アニメで見直すと、改めて理路整然として明快な筋書き。
子蛙戦の流れが若干おかしかった以外、前回に引き続いて全体的に安定。いいぞお。
そおか
私はキミのカノジョ
ギャグも、前回よりテンポが良くなっている気がした。↑は原作のがイイ顔してたけど。
蝶野も羽化前だというのに、既に隠しきれない変態臭がプンプンします。真殿光昭GJ!

OPお披露目。空にそびえる核金の城、バスターバロンに大驚喜。男爵様は無敵です!!

http://www.busourenkin.com/

続きを読む
posted by tao at 00:01| Comment(2) | TrackBack(2) | 武装錬金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

#1新しい命,武装錬金

あらすじ

掌握!
決意!
そして咆哮!!

その名称−−−武装錬金!!
GAる〜んと同じく、見る前から半ば諦めていたアニメ錬金だったのですが、
嬉しい誤算まで同期してくれたらしく、蓋を開けてみればほぼ満足の第1話でした。

プロモの時点ではずいぶんと危なっかしく感じられたとっきゅん=柚木涼香も、
お話を通して見ると違和感なし。そして最も注目された、この作品の代名詞的台詞

臓物(ハラワタ)をブチ撒けろ!!
決まった!決まったよ!これでもう、このアニメ化は3割勝利したと言っていい!

http://www.busourenkin.com/

続きを読む
posted by tao at 23:59| Comment(0) | TrackBack(2) | 武装錬金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。