2007年01月31日

フェニックス

古賀亮一先生のオビ推薦文を信じて『ロリコンフェニックス(1)』購入。
なかなか率直に買われる事を拒絶するようなタイトルでワクワクするだろ?
「か、母さん
 ナイーブなドライバーみたいのないかな・・・?
 実はシリに入ったコルクが抜けなくなっちゃってさ・・・」
とても正統な古賀フォロワー。悪く言うなら下位互換かもだけど、かなり楽しく読めた。
(ほぼ)全裸の変態のが少女よりも圧倒的に多く描かれてるあたり、まったく正しいです。

今風っぽく端正なカバー絵より、たどたどしさを感じる漫画本編の絵の方が好きだなあ。
posted by tao at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

というより

もうそのあたりは参考にした上で、アレンジして使っているのだろうな。
扉絵や最後のページのアレなんかは、くねくねそのものだし。

それにしても「望郷」の見開きは、見れば見るほど体温が下がる。
人形一体一体の表情が素晴らしいよ。

公式サイトはいつからこんな感じなのか。
posted by tao at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

Wikipediaの誤用法

Wikipediaの項目「あいこら」が異常に充実してて吹いた。
真島由紀彦やシルク正宗の設定は、文章で読むと本当に狂気としか言いようがない。

不安の種。REDから週刊に来た、とても好みのオムニバスホラー。なのだけど、
この形式でどこまでネタが続くのかも不安の種で、洒落コワから貰えればなあ。

「オチョナンさん」とか、あんまりそれっぽすぎてぐぐっちゃったよ。
posted by tao at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

あの世(ヘブン)にさ!!

あいこら。いまだに時々パンストでぐぐって来る人がいるよ!すげえ!
「踏んじゃダメだ先生!!
 そのおっさんは先生に踏まれた後、死ぬつもりなんですよ!!」

「そ・・・そう!!
 今度はちゃんと踏んであげるから!!
 死ぬのをやめてくれるなら、ぐいっと踏んであげるから!!」
もう何もかもおかしい。どんなネームだこれ。
足塚さんとシルク正宗を同時に再登場させてネタミックスとか、
前々から計画していたのだろうなあ。井上先生が恐ろしいわ。

クナイ伝。吸血鬼属性が必要なのか。純粋に忍者じゃいかんのか。いかんのだろうなあ。
posted by tao at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

ミネルヴァに感情移入

邪眼は月輪に飛ぶ。面白えー、1話から今週の5話までまったく調子を落とさず面白えー
石像にまつわる僅かな説明だけで、ここまで純粋に恐怖の対象だったミネルヴァに対する
一抹の同情を読者に抱かせるこの手腕。ジュビロ先生、ちっとも衰えてないじゃない!

ユンボル。今のジャンプで一番楽しみな漫画。「ふざけてんのか」と「それが姫だ」で吹いた。
工法の型も、どれも不思議と格好いいし。てか『オレのショベル』って技の名前なのかよ。
posted by tao at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

きらきー怖えー

『ローゼンメイデン(7)』を今ごろAmazonで購入。銀ちゃんの自己紹介で爆笑。
「私は水銀燈
 闇を纏わされ
 逆十字を標された
 薔薇乙女最凶のドールよ」
こ、これは光速の異名を(中略)高貴なる女性騎士と同じくらい聞かなかった事にしたい!
てかアリス=究極の少女を目指す子が自慢げに最凶を名乗っちゃいかんだろ、長女・・・

しかし原作はやはり面白い。結婚式とか、みっちゃんよろしく転がらずにはおられません。
人は死して学び、ドールは死せずして学ばず。皆に救いのある結末が迎えられますよう。
posted by tao at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

アホのビンタ

「おかしい 頭 雷句」でぐぐって来た訪問者の方がいました。
僕もまさかあそこまでとは思わなかったよ。リックはカオスの体現。

『バイオメガ(1)』『バイオメガ(2)』購入。発売予定を知らず突然出くわしたので、
とても嬉しかった。壬班登場シーンの格好よさは、弐瓶漫画全体の中でも屈指。
「それにしてもコズロフはよく喋るなぁ、熊なのに」
フユも可愛いけどタイラも可愛い。コズロフの顔芸も相変わらず冴えてるわー
posted by tao at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

※有害です

『ユリア100式』が有害図書指定されてて笑った。確かに有害だけどさあ!
(なんでも性的に解釈→暴走)×数回→全裸でサブミッションの固定パターンとか、
陽気な馬鹿さがけっこう大好きな漫画です。これで売り上げ落ちたら気の毒だな。
posted by tao at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

かなり凄い、なかなか凄い

東京駅の小さな本屋で『椿ナイトクラブ(2)』『みつどもえ(1)』『24のひとみ(2)』購入。
『椿~』のキャラ紹介「姫。」「凄い人。」「勉強とかを教える人。」・・・ひどすぎる・・・
あと桜井のりおの漫画力はサトケン級の急進化を遂げていると思った。
posted by tao at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

藤子・酒・不二雄

Amazonで、文庫のパーマンをまとめて買いました。
ついでにエスパー魔美も買おうかなー、と検索結果を見ていると
エスパー魔美 [文庫版:コミックセット] (文庫)
赤塚不二夫 (著)
・・・第三の男!こんな隠しキャラがいたのか!
Amazonのボケって、大体いつも破壊的に面白いよなー。わざとやってるの?

でも実際、なにかの機会に合作とか描いてそうな気もするな。てか、してました
posted by tao at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

シグルイ御先祖占い

シグルイ御先祖占い
http://u-maker.com/166731.html
taoさんの御先祖様は山崎九郎右衛門にて御座いまする

〜中略〜

あなたのラッキーアイテム:チュッパチャプス
まずは前屈の稽古(安全な部類に入る)からと申したか。
涼・・・涼・・・
posted by tao at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

推薦図書『カオシックルーンEs(4)』

Amazonの最近の画像仕様は嫌がらせのつもりなのか山本賢治『カオシックルーンEs(4)』

新刊出たー!摩擦ゼロで有名なひどい漫画。ぜんぜん推薦できません。最高だけど。
4巻は"闇の紫眼"紫苑さんがEsになってから久々にパンチの効いたキチガイで良し。
人は何故生きているのか・・・
それはね、死んでお葬式をしてもらうためよ!
私だって人殺しなんてしたくないわ、でも・・・
お葬式をするためには死んでもらわなきゃ困るもの
イクイ=ノックスの能力もグリスカント並みに素敵でした(ヤマケン的な意味で)。

登場シーンを見た瞬間に全滅を直感させる不知火の連中も素晴らしいです。
早く続きが読みたいのでRED買うか。できたら週刊に帰ってきてほしい。

続きを読む
posted by tao at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

山本直樹『レッド』

今日発売のイブニングで連載開始した山本直樹の『レッド』が、面白くなりそう。

タイトルどおり学生紛争当時の地方都市を出発点に、最初は平凡だった運動家たちが、
よど号や浅間山荘(をモデルとした架空事件)の当事者となるに至るまでを描くっぽい。

オウム(をモデル(ry)信者の無人島生活を描いた『ビリーバーズ』が傑作だったので、
スタイルの類似したこの作品にも、あの淡々とした迫真性を期待したいところ。

http://www.e-evening.jp/top.html
posted by tao at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

うへえ・・・,ハルノクニ

不良警察官の職務放棄によって同時多発爆弾テロが起こり、大量の死者が出た。
蜂谷は首都警特機隊にでも入隊して鍛え直してもらえ。訓練中の事故に気を付けて。

ほんと、ひっでえ漫画。バカの蠱毒か、これは?(勝ち残るのは浜中先生一択だろうが)

はじめにイデオロギーありきという傲慢な知的怠惰のせいで、反骨も、巨悪も、命も、
なにもかも安い。オーマイニュースあたりでウェブ連載するのがいいと思います。
posted by tao at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

黒沢・・・

『最強伝説 黒沢』が、連載終了してしまった。
信じられない。むしろ、ここから最強伝説が始まるものだとばかり。

内容的には軸もブレてないし、伝えるべきは伝えられた最終話だとは思うけど、
最初からこういう終わらせ方をするつもりだったとは思えないなー。わけが分からん。

『アグネス仮面』と並んで、ビックリ&ガッカリ最終回オブジイヤーです。
posted by tao at 16:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

推薦図書『24のひとみ(1)』


倉島圭『24のひとみ(1)』
自分に正直になると、他人に正直じゃなくなるんです
ひとみ先生がひたすら嘘をついて周りの人間を翻弄し、時に彼らの人生をも破壊する。

完璧に流れをコントロールされた台詞の応酬には、もはや数学的とも評しうる美しさが
宿っています。ながいけん、古賀亮一とはまた違った類の言葉の魔術師と呼びたい。

単行本を読むまで、藤本先生以外もほとんどの登場人物がレギュラーであることに
気付かなかったよ・・・しかもそれぞれ、個別エピソードが進行してるっぽい。すげえ。
posted by tao at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

苦行,涅槃姫みどろ

バカタレ!
釈迦の娘の すごい フィニッシュホールドに雪崩式吹いた。ガンジー2かよ。
ラーフラって、るくるくのルミエル(を、よりシュートにした)みたいなキャラだな。
美少女アイドルでドラマ化希望!!
みどろさん:栗山千明
ラーフラ:仲間由紀恵(ドーラン塗り)

これで20%も夢じゃないですよ!ギボギボの擬音が最大の難関だけどね!
posted by tao at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

8巻購入,ヘルシング

死んでゆく。死んでゆく。武装神父隊の221B戦記っぷりに上も下も大洪水です。

怪物礼賛で始まったこの漫画だからこそ、ペンウッド卿やハインケルや由美江その他、
胸を張って殺戮され、誇りを抱いて犬死にする「ただの人間」の姿が何より胸を打つ。
僕の中では8巻から先月のイスカリオテ壊滅までがクライマックスになりそう。

カバー下は過去最高に吹いた。「マンマー!!」叫んでる神父様とか想像させるなよ!
posted by tao at 14:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自ら墓穴を・・・,ガッシュ

もうロデュウは、立つこともできんな。

ああ、死んじゃいないだろうが、もうダメだな。
も、もう立つ事すらままならない・・・
いやもう、魔界の王は決まったも同然じゃないのかな?清麿で。

こないだの鬼麿から、こんな短いスパンで、あれ以上のネタが来るとは全く予想外でした。
"恋人"やチョコ先生のオラオラを、雷句先生の狂気が再解釈するとこうなるのだなあ。

読み終えてからサブタイに気付き再度爆笑。この惨状で生き延びて何になるロデュウ!?

http://websunday.net/gash/
posted by tao at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

ドスペラード−−−−−

それは西洋ファンタジーと任侠モノを組み合わせた全く新しいギャグ漫画・・・
みんなの好きな魔女っ娘満載♥
ヒデキたんのマジカル新連載始まり始まり!!
扉絵(サニーロッド持って片肌脱いだ刺青・角刈り兄貴)と、冒頭の鉄砲玉シーンだけで
10分くらい笑いが止まらなかった。魔法使いギルド=ヤクザ、テンプル騎士団=警察、
こんな設定は大和田秀樹の独壇場だなー。なんだろう、大魔法峠の反転?

チャンピオンREDは継続して読んでいけば相当レベルの高い雑誌じゃないかな、これ。

http://www.kugibat.com/

posted by tao at 19:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

その声の主は・・・,ガッシュ

ダーーーーーーッ
ダーーーーーーッ
ダッ
ダッ
ゴーーーーーーッ
ガッシュでこんなに爆笑したのはベルギムE・O以来です。雷句先生は天才よ・・・

どれほどの理屈を並べ立てようと、今週の鬼磨フェイス以上の説得力をもってして
「これならゼオンに勝てる・・・!」と読者を納得させることは叶わなかったと思われる。

こりゃゼオンもビビる。デュフォーもたじろぐ。しょうがない。鬼磨だもの。

最後のコマ、血管の浮きまくってる左腕まで抜かりないなあ。

http://websunday.net/gash/
posted by tao at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

憧れのフェチシスト,あいこら

これか!!
何が!?
今週のベルメール人形とサド全集を見るまで気付かなかった。
渋沢って、澁澤龍彦先生のパロディだったのか・・・名前もそのまんまだ・・・

フェチフェチ喧しいわりに方向性の定まらないフラフラした野郎だと誤解していた。
そうか、彼はフェチのエンサイクロペディストであったのか・・・

まかり間違って梅香ちゃんと結婚しても、子供は作らないんだろうなあ。

http://websunday.net/rensai/set_aikora.html
posted by tao at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

舞台,みえるひと

ん、結局3対3でコクテンか出るのか。

てことは湟神VSミズチ、明神VSゴウメイで、え?・・・ガクVSコクテンなの?
それともあくまでガクはグレイの相手で、エージとツキタケを出すのか?

ちょっと無理すぎる気がするけど、女と戦うガクも想像できないしなあ。

しかしパラノイドサーカスはいい。こいつら出てからグッと引力が増した。
posted by tao at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月30日

最終話,舞-乙HiME

ちゃんとまとまった、いい最終話だった。
普通に良すぎて気の利いたコメントが浮かばないくらい。

僕は愛してる!!!→ページめくれば全裸祭り、この流れが即ち漫画版舞-乙HiME
という作品全体の「らしさ」を総括しており、いい仕事をしてくれた、と思いました。

サトケンという漫画家の真価は『聖痕のクェーサー』まで保留。ドキドキだ。

http://www.my-zhime.net/
posted by tao at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月29日

変身だ!,レンジマン

ここまで1話でまとめてくれれば、超期待作と胸が躍ったはず。
ぎりぎり2話使ったとしても、先が楽しみな作品と印象づけられたはず。

しかし4話。このペースはどうなのか。設定は面白いと思います。

期待できる要素としてはメタルヒーローでなくスーパー戦隊であるという点、
つまり練児以外にあと4人、同程度にイタい子が出てくるなら、それは楽しみ。

http://websunday.net/rensai/set_rangeman.html
posted by tao at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信じる道,妖逆門

あー、虫クイが捕まった!
泥小僧の個体にキャラ付けがしてあることを今日知った。

この手の、ちょっとした描き分けは好きだなあ。
もしかして、以前からちょこちょこアピールしてたのだろうか・・・

里村のおじい様は回想シーンで終わらせず、ぜひ本編にも登場してほしいです。

http://websunday.net/bakegyamon/
posted by tao at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

ネタバレ,ネウロ

明日のネウロのネタバレ画像を見た。

凄い。いつも凄いけれど、これは凄い。
普通にジャンプで読んでいたら、大人でも危うい。

子供にとってはジュビロ曰くの「一生残る恐怖と衝撃」を与えうるハザードレベル。
全く失速しないどころか、順調に加速を続けている松井先生が恐ろしい限りです。
posted by tao at 03:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

漆黒の絶望,舞-乙HiME

最終回のン・マ様みたいにあっさり逆転負けしたフミさんが、やや気の毒だった。

17頁目、漫画業界で百万回は描かれてそうな状況だけど、この一枚画はいいなあ。
ワルゲイ対マシロくんの、黒白と表情のコントラストに見とれてしまいます。

しかし来週で最終回って、ちゃんと終われるのかこれ、と一瞬不安になるも、
そもそもチャンピオンの漫画が「ちゃんと」終わる必要など無いのであった。

http://www.my-zhime.net/
posted by tao at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

戦いの終わり,マー

人間は確かにたくさんの間違いをするよ・・・・・・
自然も壊すし、失敗するまで過ちを繰り返す(※1)。
・・・・・・でも人間は過ちを教訓にする事ができる!

切りすぎた木を苗で植え直す事で(※2,3)
元通りにできるんだ!!(※4)
ええと。

続きを読む
posted by tao at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(略)株,ワイルドライフ

2週連続で取材コピペなんて誰が想像できるか。しかも今週、獣医と全く無関係。
毎度毎度、ワイルドライフという漫画の志の低さには驚かされるばかりだ。

出来レース云々以前の問題として、こういう作品ともみなしがたい商品に、
平然と自社名を冠した賞を与えてしまう小学館の姿勢は無恥で済む話じゃないよ。
いずれ賞そのものの権威を今以上に凋落させるのは火を見るより明らかだろうに。
posted by tao at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

パンジャ,ムヒョロジの(2)

世界を敵に回しても愛したい、愛されたい。
そう想った相手は、ガチホモでした。

かわいそう、パンジャかわいそう。こりゃ悪霊になっても仕方ない。
カオシックルーンのユラ編のような酷い終わり方を期待したい。無理だけど。
posted by tao at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

真実,舞-乙HiME

右手を腰に当て左手で顔を覆い、胸を反らせて笑うワルゲイの様式美に酔う。
白面の者と大魔王バーンを100点として、彼の悪役っぷりには70点はあげられます。

フミさんのローブはもう完璧にローブじゃない萩原一至的な何かに見えるけれど、
エルスのアルティメットバストインパクト(仮)との激突が期待できそうでもある。
いや、このテンションならきっとやってくれるはず。シリアスもギャグも超えて・・・

http://www.my-zhime.net/
posted by tao at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

パンスト犯罪,あいこら

さぁ、第二第三の事件をぶちかますんだ。
パンスト界完全制覇のためにな!!
パンスト界完全制覇に該当するページが見つかりませんでした。
googleどころの話ではなく、人類史上でも初めて発話された言葉と思われる。
それらしいラブコメを隠れ蓑に黙々と魔道を征く井上先生に最大のリスペクトを!

少年漫画18頁で「パンスト」48回の記録は、向こう半世紀は破られないでしょう。

http://websunday.net/rensai/set_aikora.html
posted by tao at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

パンジャ,ムヒョロジの

パンジャが可愛くて可愛くてどうしよう。
先週から、凄くワクワクしながらムヒョロジを読んでいます。

こういうオゾくて可愛い敵(ソフィとか)をたくさん出して、組織は極力描写せず、
もう少し能力バトルを意識して(賢者は格闘しない、とか)、無理して話を後味よく
まとめなければ、ムヒョはネタ漫画でなく正当に良質な作品とも成りうると思う。
posted by tao at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

DMC確保失敗

どうやら完全にデトロイト・メタル・シティの単行本を買い逃したらしい。
仕方なくAmazonで頼むも通常4〜6週間以内に発送。それ町の二の舞だ。
ZOUSATUせよ!ZOUSATUせよ!ファック!!!
posted by tao at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

舞-乙HiME4巻

コミック版舞乙4巻を購入。
まさか真の宇宙一の美少女で最終巻に引くとは思わなかった。
チャンピオン編集部は今からでも、連続カラー扉絵をバキから舞乙に譲るべき。
あんな板垣先生だけが燃えてる企画より、僕はカラーの愕天神が見たいんですよ。
オリジナルローブからキャラの私服までカラー映えしそうな要素満点なのに勿体ない。

http://www.my-zhime.net/
posted by tao at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。