2007年01月31日

フェニックス

古賀亮一先生のオビ推薦文を信じて『ロリコンフェニックス(1)』購入。
なかなか率直に買われる事を拒絶するようなタイトルでワクワクするだろ?
「か、母さん
 ナイーブなドライバーみたいのないかな・・・?
 実はシリに入ったコルクが抜けなくなっちゃってさ・・・」
とても正統な古賀フォロワー。悪く言うなら下位互換かもだけど、かなり楽しく読めた。
(ほぼ)全裸の変態のが少女よりも圧倒的に多く描かれてるあたり、まったく正しいです。

今風っぽく端正なカバー絵より、たどたどしさを感じる漫画本編の絵の方が好きだなあ。
posted by tao at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。