2007年01月21日

ジャンクって言う奴がジャンク

ローゼンついででオーベルテューレ。一部で非難轟轟のようで、だいたいその批判は
同意せざるをえない内容なんだけど、面白くなかったかと訊かれたら、凄く面白かった。

後編のクライマックス、あの世界一醜い姉妹喧嘩は、(アニメの)真紅と銀ちゃんは
永遠にアリスになれまいと確信させる傲慢・狭量・嫉妬・怨念が渦巻いているよ!

負の迫力に魅入られて10何回か見返した。生まれたて銀ちゃんはあんなに可愛いのに・・・
posted by tao at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。