2006年10月10日

山本直樹『レッド』

今日発売のイブニングで連載開始した山本直樹の『レッド』が、面白くなりそう。

タイトルどおり学生紛争当時の地方都市を出発点に、最初は平凡だった運動家たちが、
よど号や浅間山荘(をモデルとした架空事件)の当事者となるに至るまでを描くっぽい。

オウム(をモデル(ry)信者の無人島生活を描いた『ビリーバーズ』が傑作だったので、
スタイルの類似したこの作品にも、あの淡々とした迫真性を期待したいところ。

http://www.e-evening.jp/top.html
posted by tao at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。