2006年07月27日

8巻購入,ヘルシング

死んでゆく。死んでゆく。武装神父隊の221B戦記っぷりに上も下も大洪水です。

怪物礼賛で始まったこの漫画だからこそ、ペンウッド卿やハインケルや由美江その他、
胸を張って殺戮され、誇りを抱いて犬死にする「ただの人間」の姿が何より胸を打つ。
僕の中では8巻から先月のイスカリオテ壊滅までがクライマックスになりそう。

カバー下は過去最高に吹いた。「マンマー!!」叫んでる神父様とか想像させるなよ!
posted by tao at 14:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

推薦図書:“HELLSING”(「ヘルシング」英語版)
Excerpt: これこそ「ど」がつくマイナー作品……だったはずですが、人気出ちゃいましたねー。 最新第8巻は大手書店でも平積みになってました。 そして実はこの漫画、英語版まで出版されています。 発行元は..
Weblog: 漫画と雑誌.com
Tracked: 2006-07-28 11:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。