2007年02月05日

2月第1週のアニメ

MoE。いかんなあ、どんどんこの不可思議なアニメが好きになってる。
前説入りの白々しい空気と「ニュースだぇす」で条件反射的に吹きます。なんなんだ?
ブコツのオカマ話で普通にゲラゲラ笑ってる自分が、なんだかよく分からなくなってきた。
そのうち「次回は前説ほか0本!」とか、プレイヤのみ登場の回とかも見てみたいなあ。

Red Garden。すげえ!みんなすげえ!けど理事長のインパクトが圧倒的すぎてもう!
あの場にいたのはエルヴェとエミリオ以外、みんなケイトたちと同じ体を持った人間で、
それと別にルーシー先生なんかが件の上位存在であるアニムス、なのか。なのか?
視聴者の視点からも両陣営ともに疑わしく思える、実に巧みな見せ方をしてるなあ。
兄貴が生きててなんだよって思ったけど、これもこれで兄貴らしいとも思った。

武装錬金。ラストの全身修復はいったい何だ・・・サービス?武井漫画的な何かを感じた。
大戦士長の声に痺れて、毒島の声に愕然として、円山の声に仰天する声尽くしみたいな
回だったけど、キャストは別人でなくて、しっかりと静森さんだったのに一番吹いた。
ここから先はいちいち漫画を読み返して見比べたりしないで、オリジナル作品として
見た方が正しい楽しみ方なように感じられたのでそうしようと思います。

ギアス。マオ生きてたー!また死んだー!なんだこのオルロック的なスピード感は。
僕がマオだったなら爆弾で殺すのを前提として、その上で嫌がらせとしてナナリーに
ルルの一切合財をバラすけど、そこまでやってないっぽいのが惜しい、実に惜しい。
スザクはもう仕方ない。正義のヒーローだから。マシンガンも振り子もなんともないぜ!
ミハエル兄さんも大概だったけど、この子の戯画的な扱われ方は突出してるなあ。

妖奇士。「しまった!」なにやってるのアビさん・・・なにやってるのアビさん!
新武器がいきなり役に立たなかった時の宰蔵の背中がガッカリ感に溢れていて、
とても可愛かった。役者の娘のくせに江戸元よりも演技しようとしないし、この子は!
丁寧に説明された古神道の世界観が実際の作中世界とどうリンクするのか、しないのか。
個々の話の独立性の高さとか、やっぱりどことなくボウケンジャーと似ている気がする。

赤ずきん。とてもあっさりと信頼が回復された。いや、いいんだけど。
先週の草太さんの不吉なモノローグ引きは、なんだったのか。

ふたご姫。はっきりといつ頃からか忘れたけど、とてつもなく長いスパンで
伏線を重ねてきたβさま×ファンゴがついに決着しそうで感動を禁じえません。
予告で髪を結わいてたけど、夏のアップとかβさま、主役のふたごより髪型の
ヴァリエーションに恵まれてやしないか。スタッフに愛されまくってるなあ。
その愛を少しだけでも分けてあげてほしい子たちがいないでもないけど。
posted by tao at 00:27| Comment(0) | TrackBack(9) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。