2007年02月05日

2月第1週のアニメ

MoE。いかんなあ、どんどんこの不可思議なアニメが好きになってる。
前説入りの白々しい空気と「ニュースだぇす」で条件反射的に吹きます。なんなんだ?
ブコツのオカマ話で普通にゲラゲラ笑ってる自分が、なんだかよく分からなくなってきた。
そのうち「次回は前説ほか0本!」とか、プレイヤのみ登場の回とかも見てみたいなあ。

Red Garden。すげえ!みんなすげえ!けど理事長のインパクトが圧倒的すぎてもう!
あの場にいたのはエルヴェとエミリオ以外、みんなケイトたちと同じ体を持った人間で、
それと別にルーシー先生なんかが件の上位存在であるアニムス、なのか。なのか?
視聴者の視点からも両陣営ともに疑わしく思える、実に巧みな見せ方をしてるなあ。
兄貴が生きててなんだよって思ったけど、これもこれで兄貴らしいとも思った。

武装錬金。ラストの全身修復はいったい何だ・・・サービス?武井漫画的な何かを感じた。
大戦士長の声に痺れて、毒島の声に愕然として、円山の声に仰天する声尽くしみたいな
回だったけど、キャストは別人でなくて、しっかりと静森さんだったのに一番吹いた。
ここから先はいちいち漫画を読み返して見比べたりしないで、オリジナル作品として
見た方が正しい楽しみ方なように感じられたのでそうしようと思います。

ギアス。マオ生きてたー!また死んだー!なんだこのオルロック的なスピード感は。
僕がマオだったなら爆弾で殺すのを前提として、その上で嫌がらせとしてナナリーに
ルルの一切合財をバラすけど、そこまでやってないっぽいのが惜しい、実に惜しい。
スザクはもう仕方ない。正義のヒーローだから。マシンガンも振り子もなんともないぜ!
ミハエル兄さんも大概だったけど、この子の戯画的な扱われ方は突出してるなあ。

妖奇士。「しまった!」なにやってるのアビさん・・・なにやってるのアビさん!
新武器がいきなり役に立たなかった時の宰蔵の背中がガッカリ感に溢れていて、
とても可愛かった。役者の娘のくせに江戸元よりも演技しようとしないし、この子は!
丁寧に説明された古神道の世界観が実際の作中世界とどうリンクするのか、しないのか。
個々の話の独立性の高さとか、やっぱりどことなくボウケンジャーと似ている気がする。

赤ずきん。とてもあっさりと信頼が回復された。いや、いいんだけど。
先週の草太さんの不吉なモノローグ引きは、なんだったのか。

ふたご姫。はっきりといつ頃からか忘れたけど、とてつもなく長いスパンで
伏線を重ねてきたβさま×ファンゴがついに決着しそうで感動を禁じえません。
予告で髪を結わいてたけど、夏のアップとかβさま、主役のふたごより髪型の
ヴァリエーションに恵まれてやしないか。スタッフに愛されまくってるなあ。
その愛を少しだけでも分けてあげてほしい子たちがいないでもないけど。
posted by tao at 00:27| Comment(0) | TrackBack(9) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

不在

仕事の関係で明日から3週間、土日しか家に帰ってこれません。
だから更新もそんな感じになると思われます。
posted by tao at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

見落とし

整形外科で電気治療を受けている最中に、
引き継ぎで忘れていた箇所があったのを思い出した。

そのためだけに明日出社。なんてこった。

マトリックス。寝て起きたらクライマックスの実写ドラゴンボールだった。
スミスの「待て待て待て!それは無いぞ〜!」から自爆大連鎖の流れで爆笑する。
posted by tao at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

重い

2日続けて日付が変わってから帰るのは久しぶりかもしれない。
引き継ぎとかマジめんどくせえ。

とりあえず↑だけ投稿しようと思っていたのに、管理画面が重くてどうしようもなかった。
待ってたらこんな時間(現在28:25)になったよ。
posted by tao at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ズームパンチ

綾村切人氏(コミック版Red Garden作者)のブログの理事長パンチで盛大に吹いた。
なにこの初代〜2代目ジョジョを髣髴とさせるパースの効いたパンチ。

今週の放送はまだ見てないけど、赤庭だから実際こんなことになってたとしても
それほど驚かないかもしれない。それにしてもエルヴェの顔とポーズがよすぎる。
posted by tao at 02:42| Comment(0) | TrackBack(1) | RED GARDEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

3人目

帰ってきたらコナスタからマオチャオが届いてた。
ソウルタイガーに乗っけたりしてちょっとだけ遊んだ。

現在26時33分。畜生どうしてこんなことに。
posted by tao at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

フェニックス

古賀亮一先生のオビ推薦文を信じて『ロリコンフェニックス(1)』購入。
なかなか率直に買われる事を拒絶するようなタイトルでワクワクするだろ?
「か、母さん
 ナイーブなドライバーみたいのないかな・・・?
 実はシリに入ったコルクが抜けなくなっちゃってさ・・・」
とても正統な古賀フォロワー。悪く言うなら下位互換かもだけど、かなり楽しく読めた。
(ほぼ)全裸の変態のが少女よりも圧倒的に多く描かれてるあたり、まったく正しいです。

今風っぽく端正なカバー絵より、たどたどしさを感じる漫画本編の絵の方が好きだなあ。
posted by tao at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

ジンとか

朝日新聞のコマーシャルにドビュッシーのサラバンドが使われているけれど、
「言葉の力を信じてる」新聞が「印象」派の音楽を利用するのはいかがなものか。

もっと朝日に似つかわしい音楽はたくさんあると思うよ。
posted by tao at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

ロボとラジオ体操

ヘルニアのためにできるだけ毎日、腹筋とラジオ体操をやれと言われたんだけど、
普通に人間がラジオ体操してる動画が見つからなかった。なので、これが見本。

毎晩、家に帰ってからロボと向き合って体操してる。
てか、ぜんぜん治らねえなあ。
posted by tao at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケーニッヒは独語でウルフは

ケーニッヒウルフできた。ベーシックなフォルムが、すごく綺麗なゾイド。

ハウリンのペット2匹目

装甲やマフラーのデザインがコマンドウルフのそれを引き継いでいるのが嬉しい。
火器の類が一切無いのは潔すぎるけど、そのぶん背中に神姫を乗せやすいからいいか。

白ゾイドはスミ入れ箇所は多いけど、逆に言うとスミ入れだけで格段に凛々しくなる。
次はバーサークフューラーを作って、そうなるとやはりライガーゼロもほしい・・・
posted by tao at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

超地元

ボウケンジャー。ゲエエー、うちから歩いて5分の場所にプレシャスバンクが!
ツワモノの弓とか、米軍基地より怖いよ!サージェスは近隣住民に補償しろ!
ラストの自爆ではもう笑い転げた。明日はあの歩道橋を渡って駅まで行こう。

チーフの「プレシャス=夢」理論は熱かった。デスペラートもミネルヴァぽくて格好いい。

電王。うわあ、セイザーXだ(主にモモタロスさんが)。ガッカリ覚悟で期待したい、好みの空気。
posted by tao at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月第4週のアニメ

MoE。これ、好きかも・・・ワラゲッチャー+地震テロップの画面が混沌としすぎてて吹いた。

Red Garden。戦いと関係なく死んだ兄貴に泣く。来週がまた凄まじそうで、ドキドキ。

ギアス。マオがかわいそうだった。このまま普通に死亡→退場なのか。てかCCひどいよ。

妖奇士。序盤のアビさんがヒロインすぎる。馬七の立ち回りが自由すぎる。あとコナン。

赤ずきん。ヴァルが歳相応のイケメン人間態になったら、僕は相当へこむだろう。

ふたご姫。凄くいい話。今回だけでもマーチの存在意義は十二分に果たされたと思うよ。
posted by tao at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

#17夜が明けたら,武装錬金

あらすじ

円山と毒島と犬がいねえ!来週は秋水も登場とか、構成を大きく変えてきたなー
再殺編はあのままなぞられても・・・だったので、今後の展開への期待は大きいです。

人工呼吸や手の傷の対比や、剛太の見せ場が減ったのは無念。もう少し尺をやっても・・・
パピヨン絡みの桜花のシーンとかはそのままなのにってか、腰振りに時間かけすぎだよ!

しかし動きと音の付いたモーターギアは原作より格段に格好のいい武装錬金に見えた。

http://www.busourenkin.com/

続きを読む
posted by tao at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 武装錬金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

御神体

山田風太郎『奇想小説集』読み始め。「陰茎人」だけ読了。

もう題名の時点で出オチっていうか酷えなあと思って読んでみたら、
中身はタイトル以上にどうしようもなくて電車の中で死にそうになった。
「サタンよ、しりぞけ」

「蛇よ!マムシの裔よ!汝いかでゲヘナの刑罰を避けえんや!」

「・・・さ、最後の審判のときお目にかかりましょう。
 ゆかないか、この悪魔!」
芸術→科学と裏切られて、最後に救いを求めた信仰=シスターの罵倒が惨すぎて吹く。
女医さんとのアレのシーンは水島努監督にアニメ化してほしいと思いました。
posted by tao at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

というより

もうそのあたりは参考にした上で、アレンジして使っているのだろうな。
扉絵や最後のページのアレなんかは、くねくねそのものだし。

それにしても「望郷」の見開きは、見れば見るほど体温が下がる。
人形一体一体の表情が素晴らしいよ。

公式サイトはいつからこんな感じなのか。
posted by tao at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

Wikipediaの誤用法

Wikipediaの項目「あいこら」が異常に充実してて吹いた。
真島由紀彦やシルク正宗の設定は、文章で読むと本当に狂気としか言いようがない。

不安の種。REDから週刊に来た、とても好みのオムニバスホラー。なのだけど、
この形式でどこまでネタが続くのかも不安の種で、洒落コワから貰えればなあ。

「オチョナンさん」とか、あんまりそれっぽすぎてぐぐっちゃったよ。
posted by tao at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

あの世(ヘブン)にさ!!

あいこら。いまだに時々パンストでぐぐって来る人がいるよ!すげえ!
「踏んじゃダメだ先生!!
 そのおっさんは先生に踏まれた後、死ぬつもりなんですよ!!」

「そ・・・そう!!
 今度はちゃんと踏んであげるから!!
 死ぬのをやめてくれるなら、ぐいっと踏んであげるから!!」
もう何もかもおかしい。どんなネームだこれ。
足塚さんとシルク正宗を同時に再登場させてネタミックスとか、
前々から計画していたのだろうなあ。井上先生が恐ろしいわ。

クナイ伝。吸血鬼属性が必要なのか。純粋に忍者じゃいかんのか。いかんのだろうなあ。
posted by tao at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ついでに

加湿器が壊れた。チクショウ!
posted by tao at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

2箱目

家に帰ったら悪魔召喚録の第五集が届いていた。
先に注文したのを忘れて、別の店でも予約してたらしい。俺は何をやってるんだ・・・

・・・まあ、先に届いたのは一部ハトホルとか顔の塗りが微妙だったから、
こっちも開けてベターなのがあったらそれを飾ろう。残りは藤沢で売ろう。

てかさ、これ後から知って、心の底からガックリきたよ。アンテナ低いのはいかんなあ。
posted by tao at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 女神転生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

ミネルヴァに感情移入

邪眼は月輪に飛ぶ。面白えー、1話から今週の5話までまったく調子を落とさず面白えー
石像にまつわる僅かな説明だけで、ここまで純粋に恐怖の対象だったミネルヴァに対する
一抹の同情を読者に抱かせるこの手腕。ジュビロ先生、ちっとも衰えてないじゃない!

ユンボル。今のジャンプで一番楽しみな漫画。「ふざけてんのか」と「それが姫だ」で吹いた。
工法の型も、どれも不思議と格好いいし。てか『オレのショベル』って技の名前なのかよ。
posted by tao at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。